社員からのメッセージ

ホームテック株式会社 石井

ホームテック株式会社 石井

将来的に自分が何を目指すのか、どんなスタイルで働いていきたいのかを問いかけることも大切だと思います。

任されて気づいた。「設備が1番重要なんだ」

「小さい頃から、物を作ることが好きでした。」

 図工が好きで得意な子供だった。大学は建築学科に進学。

大きな建築物よりも、人が生活する住宅に興味を持つようになった。

学生時代は写真部。モノクロフィルムで、風化した建物や古いモノばかり撮っていた。

ハウスメーカー、リフォーム会社、どちらが自分に向いてるか。

「新しいものより年月を経たもの、何かを作り直すことが昔から好きだったし、リフォームと通じるかなと思って」

ホームテックは会社の雰囲気がとても良かった。

それに面接では長い時間をかけて「自分自身をしっかり見てくれているような気がしました」。

 リフォームの営業の仕事は、現地調査、見積もりの提出、プランの提案。工事にも立ち会う。

金額も大きいから、責任をすごく実感する。

「こんなこともできないのか、と自分が情けなくなるような失敗もあります。」

まさか、そんな簡単なことでミスするとは。自分で自分に対してショックだった。

だから必ず確認。ひとつひとつを大事にしていかなければ。

 お客様と対応することはとても楽しい。無駄な話をすることも多いけれど、打ち解けていただくために自分からお話をしていきたい。

 それが「何か」につながるかもしれない。

「まずやってみることが大事。やったことがないかやらないではなく、やったことがないからまずやってみようっていつも意識しています」 

与えられた仕事が難しそうだと思っても、「とりあえずやってみます」と。

「それでできなくても、教えていただける先輩方がいっぱいいますから」

わからないことがあったら、とにかく先輩に聞けばいい。実際、自分はよく聞いている。

入社後、初めは設備から任される。

学生時代は全く興味がなかったし、逃げてきた分野。

トイレ、洗面台、給湯器などの水廻りは一見地味。だけど、本当はとても重要な部分だとわかった。

さらに広げれば建物の構造も。

そういう大事な所に関われることはすごく勉強になるし、それを学んだ上で次に進むことができる。

休日は学校に通って建築の勉強。

「二級建築士の資格を取って、できれば一級建築士まで取りたいと思っているんです」設計ができて住宅のプランニングをする、いつかそういう大きな仕事もできるようになりたい。

「継続は力なり」恩師のことばを忘れずに、今日できたことを積み重ねれば、必ずいつかは訪れる。