社員からのメッセージ

ホームテック株式会社 鈴木杏理

ホームテック株式会社 鈴木杏理

『ありがとう』がたくさん聞こえる会社です。

学生時代との1番の違いは自分が与える『影響』の大きさですね

学生の頃ならたとえ何か失敗をしても、困るのはほぼ自分だけで済んだ。でも今は違う。

自分のミスお客様や周囲の人に迷惑をかけることになる。家づくりに関する仕事の場合、その影響はダイレクトだ。

「たとえば工期が1日遅れてしまうことで、お客様がその日のお風呂に入れなくなってしまったり……。それって大変なことですよね。」

そんな風に社会人としての責任をかみしめながら、忙しい日々を送っている。

大学での専攻は、建築分野の中の生活環境学だった。卒論のテーマは「学生寮における共有スペースの設計について」。

「どうすれば気持ちよく過ごせる空間ができるかを考えるのが楽しくて。建物の外側のデザインよりも、内側の方に興味があったんです」

だから卒業後の進路としてリフォーム業界を選んだのは自然な流れだった。そして第一志望に選んだのがホームテックだった。

「どんな会社でも仕事が大変なのはきっと同じだから、雰囲気のいい会社がいいなって思ったんです」

 高橋社長との面接では、家族のことをたくさん話した。建築士の父のこと、自分とまるで性格の違う兄のこと、などなど。

「私は昔から、誰かから相談を受けた時にさっと的確なアドバイスをするんじゃなくて、その人と一緒に悩んで解決策を考えるタイプなんです。そしたら社長が『それはリフォームの仕事に向いてるね』って」

そんな性格だから仕事で1番嬉しい瞬間は、リフォームが完了して「きれいになりましたね!」とお客様と一緒に喜ぶ時だ。

今はトイレや洗面台といった水廻りの部分的なリフォームを多く担当している。お客様のお宅での現地調査・お見積もりの作成・職人の手配・商品の発注など、やるべきことは多い。

でも自分よりずっと忙しいはずの先輩達が、温かく見守ってくれている。

 「周りのことによく気がつく人ばかりなんですよ。メーカーから届いたパンフレットを私が並べていたら、『新しいのを注文してくれたんだね。ありがとう』って声をかけてくれたり。お客様からも、他の社員からも、『ありがとう』と言ってもらえることが多い会社だなって思います」

ホームテックでの夢は、何か一つの分野でスペシャリストになること。

「〇〇〇のことなら鈴木におまかせ、って頼られる存在になりたいですね」その時は、もっともっと多くの『ありがとう』が周りから聞こえてくるはずだ。